この工程こそ肝心なので!

こんにちは。
福山市南松永町で 障がいを持った方とともにアートや雑貨をつくる福祉施設、Smile Base【スマイルベース】のスタッフ、ぽんです。

これまでの記事でも紹介してきた写真立ての制作風景。
布を貼り合わせる作業も大変なのですが、それ以上に過酷な作業とも言えるのがこちらの工程です。

BADA50EA-2D04-4DB7-8754-81E4F2072BCD

一番最初に行う、ダンボールを切る作業。

なるべく無駄を作らないように計算された設計図を元に線を描き、カッターで切り取っていきます。
ただ線を引いて切るだけなら問題はないのですが、重要なのは「無駄を作らないように」進めること。それが一番難しい!!
少しでも線が斜めになってしまえば後の作業に影響が出てしまいますし、大雑把に切れば布を貼り付けた後のパーツ組み立ての段階で支障が出ます。

つまりこの作業でミスをすればすべて水の泡ということ…!!

責任重大な工程を彼は一人で、それも正確にこなしているのです。
まさに天晴✨✨職人技です!

—————————————-
広島県福山市南松永町2-3-48
就労継続支援B型、生活介護
Smile Base【スマイルベース】
TEL 084-939-9422

ブログ管理者
投稿を作成しました 439

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る